天光社(https://1000kaze.jp/)が教えるお布施の本当の意味

お葬式やお通夜につきもののお布施ですが、現代においてはお坊さんに支払う金銭という漠然としたイメージばかりが先行し、そもそもの意味や定義についてはあいまいになりつつあります。天光社(https://1000kaze.jp/)は葬儀のプロフェッショナルとして、必要であればお布施の意味について解説しています。

仏教と日本人が精神的に密接に結びついていた時代、お布施は仏教徒にとって文字通りの命綱でした。当時のお布施は金品によって渡されることもありましたが、食糧や物品によって代えられる場合も多く、お布施のみでかろうじて暮らしを成り立たせている僧侶が少なくありませんでした。時代が下り、国が物質的に豊かになるにつれ、日本人と仏教の関わりが変遷し、それにともなってお布施そのものの意味も大きく変わっていきました。

現代人にとってお布施というと、読経や戒名への対価のようなイメージがあるかもしれませんが、本来のお布施とはあくまでも仏教への信仰心を形として表したものであり、対価という表現はふさわしくありません。お布施には原則として基本相場はなく、仏教を信仰する心さえあればたとえ少額であってもお布施として見なされる、と解釈されています。お布施の相場についてどうしても気になるという方は、一度、天光社(https://1000kaze.jp/)へ相談されてみてはいかがでしょうか。