天光社(https://1000kaze.jp/)が理想とする終活のかたち

天光社(https://1000kaze.jp/)は葬儀のプロフェッショナルとして、お葬式だけでなく終活そのものの総合的なアドバイスを行っています。終活は個人の価値観が色濃く表れるものであり、いかに死ぬかということ以上にいかに生きてきたかということが形として表れる瞬間でもあります。

個人の価値観が如実に反映される終活ですが、終活は決して自分ひとりだけですべてを決められるわけではありません。むしろ、家族それぞれの意向が複雑に絡み合う場面であり、必ずしも本人の希望がストレートにかなうとはかぎりません。

それまではごく平凡で仲睦まじかった家族であっても、いざ終活の段になるといろいろな面で意見が衝突し、家族の関係が一気にぎくしゃくしてしまうというケースはめずらしくありません。終活そのものにネガティブなイメージをもっている人も多いのか、終活というワードが出ただけで過剰に反応してしまい、それ以上の話し合いを拒否してしまうことがあります。
あるいは、終活をたんなる事務手続きにすぎないと錯覚しているのか、終活の話し合いで遺産相続や財産分与の話を進めたり、本人の意志を無視して遺品整理の段取りをつけたりと、本来は専門家をまじえて話し合うべき内容を終活の枠組のなかですませてしまう家族もいます。

天光社(https://1000kaze.jp/)が考える理想の終活とは、本人の希望がそのままの形で反映され、なおかつ家族の意向とも折り合いがつけられることです。そうしたかたちで終活をむかえるためには、終活のずっと前から本人と家族で自然なコミュニケーションを行い、終活、そして葬儀についてのコンセンサスを保っておくことが大切です。